プロバイダーBBナビ

HOME>回線の速度計測とトラブルシューティング

回線の速度計測<スピードテスト>



現在ご利用中の回線速度をチェックできるサイトのご案内です。

ニューロ回線速度チェック画面

こちら so-net NURO光の速度チェックページ
NURO光以外のサービスも測定できます。
数クリックの手間がありますが、精度は高めです。



ビッグローブの回線速度チェック画面

こちら BIGLOBE 通信速度測定ページ
今お使いの回線速度を2クリックで測定してくれます。



USEN 通信速度測定の画面

こちら USEN 通信速度測定ページ
今お使いの回線速度を1クリックで測定してくれます。


他にも多々ありますが上記3社でおおよその数値は把握できます。
現在では1〜2GMbpsのハイスピードの回線が出てきていますが光回線の場合、通常10〜40Mbpsもあれば充分といわれています。




回線速度が遅いと感じる方
回線が遅くなる理由と対処法のトラブルシューティング。

実測値は悪くないのに遅い場合

・回線の老朽化
耐用年数の経過で老朽化による速度低下が起きる場合があります。NTTなどの回線業者に相談しましょう。


・通信端末の不具合
回線速度に問題がなくても端末によって速度低下が起こるケースもあります。
メモリーの増設やハードディスクの最適化、古いOSを最新のものにする等を試してみましょう。
又、常駐プログラムも負荷となる為不要なプログラムは削除しましょう。


・LANポートと接続
LANポートの選択ミスやケーブルの選定ミスを正しいモノに変える事で改善する事があります。
フレッツ光の場合はNTT東:通信速度の改善ポイントで確認できます。


・閲覧先の混雑
特定のウェブサイトが閲覧しづらい場合はそのサイトへの訪問者数の混雑が第一に考えられます。時間を変えてみましょう。



実測値が悪い場合

・帯域制限
同一回線内のユーザーが大量の通信を行う事で速度低下が起こる事があります。
プロバイダーや回線事業社により帯域制限を設けているケースがありますので問い合わせてみましょう。


・通信ネットワークの混雑
同一の通信ネットワーク上の混雑での速度低下が考えられます。
この場合、頻繁に起こるようでしたら、回線契約の変更やプロバイダの乗り換えも検討しましょう。




BB ブロードバンドの基礎知識


コチラ ADSLとは
ADSLの基礎知識・構造・通信のメリット・デメリット
コチラ 光ファイバーとは
光ファイバーの素材・構造・通信のメリット・デメリット
コチラ ADSL/光を導入するには
高速ブロードバンドを導入する際の手引。導入までの流れ
コチラ プロバイダ比較一覧
通信料比較ランキング・安い順 ADSL FTTH 人気ランキング